神戸のものづくりメーカーと全国のバイヤーをつなぐオンライン商談プラットフォーム

Log KOBEマガジン

金属3Dプリンター
伊福精密株式会社

「デジタル倉庫サービス」で新しい社会貢献

2021.03.05
「デジタル倉庫サービス」で新しい社会貢献

概要

実施の背景

NC工作機と3Dプリンターを組み合わせることで、金型不要でお客さまが望む金属製品や部品を継続して加工できる。電子データの保管と活用を必死で追求し、金属加工の生産性や付加価値の向上で先導的な企業に成長。

取り組み

「デジタル倉庫サービス」で在庫レス、金型レスのものづくりを普及中。グローバルな観点で適地生産を促進させ、お客様に近い場所で環境負荷の小さいものづくりの仕組みを展開。

今後の展望

EV化の荒波が金属加工業界に到達する日も近い。夢と希望を抱いて将来の方向性を見据え、寄り添い・時にはリードしてお客様に接する。技術向上とイノベーションで社会課題に貢献する覚悟。

実施の背景

電子データの保管と活用に軸足を

▲すべての設備を繋ぎ、製造から検査まで一貫した3Dデータを使用したモノづくりの構築

旋盤加工で創業した父親が、ある日急に倒れ、現社長は家業を引き継ぐこととなった。その当時の金属加工の現場は既に加工マシンに数値を入力することで設計図面の部品を製造できるようになっていた。社員は日中、どのようにして金属を加工しているのか? 私はフロッピーディスクに残っている加工データを再び辿ることで金属加工の技術を習得する毎日であった。この習得から貴重な気付きもあった。金属加工における電子データの重要性を痛感し、さらには電子データがしっかりと作成され、保管されていると、社員の心身状態の好不調に関わらず同一品質の部品を安定して製造できるのではないかと考えた。

時が移って、3Dプリンターが金属加工にも活用できることがわかったとき、データ制御の切削加工機と3Dプリンターを組み合わせることで、金型不要でお客さまが望む様々な形状の金属を継続して加工できることに思いが至った。いつしか弊社は金属部品、製品の製造工程における電子データの保管と活用を追求し、金属加工の生産性や付加価値の向上を先導すると言われる企業になっていた。近時は、「技術向上およびイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する(8.2)」とのSDGsの目標がこころに響き、それに貢献したいと日々尽力している。https://www.ifukuseimitsu.com/movie/  

    

取り組み

デジタル倉庫サービスでSDGsにも貢献

▲デジタル倉庫サービスの新規性と新しい製造業の未来

製造業ではタイムリーな製品、部品の提供に向けて一定量の在庫を抱える。さらに、加工工程に不可欠な金型も大量に保管している。これらの倉庫に保管されているものは、貴重なキャッシュを固定し、保管コスト負担もあり、極力圧縮したいもの。この課題をデータの保管と活用で抜本的に解決したいと、2019年8月から「デジタル倉庫サービス」(特許取得)を提供。

弊社が得意とするリバースエンジニアリング技術を活用して、部品や金型をスキャンすることで3Dデータを取得。製品製造に必要となるデータを電子化のうえ電子空間(デジタル倉庫)に保管。当社や当社と提携する企業はデジタル倉庫に保管している電子情報を利用することで金型・部品等を受託製造。委託企業は在庫、金型管理の負担や製品製造に係る種々の製造現場の調整等からも解放される。

このサービスに賛同する大手商社や海外企業(米国・カナダ、欧州)と連携することができ、製品や部品をお客様がおられるより近い地域で製造・搬送できる体制を整え、適地生産による効率的な製品・部品供給を実現。特に、運送等のエネルギー効率の改善効果は高く、「世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる(SDGsターゲット7.3)」にも貢献できていると考えている。 https://www.ifukuseimitsu.com/3d-top/factory/

デジタル倉庫(JP) 金属加工の駆け込み寺

今後の展望

使命は、 「金属加工の駆け込み寺®」そして「金属造形技術の水先案内人」

▲Dfamにてお客様に最適な部品設計をご提案!

自動車用部品の試作・量産も手掛けていた弊社にあって、部品点数が大きく減少するEV化の波に危機感を強めていた。実は、この危機感も手伝って、3Dプリンターを活用するものづくりを強化した側面もある。このようなときに、片手で手軽に携行できるガスボンベから大量の電力が得られるガスタービンエンジンの開発に出会う機会に恵まれた。今後は、この「エネルギー効率及び先進的かつ環境負荷の低い化石燃料技術(SDGsターゲット7.a)」の実装化に向けた製造技術の開発に注力したいと考えている。小型で大出力のエンジンを各家庭に設置し、飛行する小型輸送機(空飛ぶタクシーや大型ドローン)に搭載することで、より快適な生活をより環境負荷の小さいエネルギーで実現できる。

GE(ゼネラル・エレクトリック)が飛行機エンジンの部品を3Dプリンターで製造している昨今、弊社も3Dプリンターによるものづくり技術を高め、多くのお客様に希望通りの複雑な形状の部品を一体成形で、所定の品質で、よりタイムリーに、かつ納得性の高い価格で提供することで社会に貢献し、これからのEV化の荒波を乗り切っていきたい。キーワードは「金属加工の駆け込み寺®」そして「金属造形技術の水先案内人」。お客様に寄り添い、時としてリードして、「技術向上およびイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する(SDGsターゲット8.2)」に貢献していく。
参考資料はアルミ材での部品を最適化しステンレスに素材を置き換えた上で部品重量を300㌘から97㌘に低減できたサンプルです。 https://www.ifukuseimitsu.com/3d-top/service/

 

 

企業基本情報

住所 651-2124
兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和字西ノ口750番地6
創業 1970年06月01日
設立 1980年08月01日
売上 450,000,000円
資本金 50,000,000円
従業員数 50-100名(2020年10月20日現在)
記事一覧に戻る